肝臓の働きなどで集中力や疲労にも影響が出やすい?の情報ページ

MENU

肝臓の働きなどで集中力や疲労にも影響が出やすい?

肝臓

集中力が続かなかったりすぐに疲労しやすくなってしまったのは、体力の面よりも肝臓の機能が不調になっているからかもしれません。

 

3大栄養素など腸内で吸収したのを肝臓が各パーツに放出していきますが、肝臓が機能低下していると栄養が体のパーツに行き渡りにくくなります。そうすると各パーツでエネルギー不足が続いてしまい、疲れやすさの元になったりします。

 

朝が起きれないと感じていたり、朝起きた時に疲労感が残っている場合には、肝臓の不調や疲れがあることが関係しています。ガチョウやアヒルの肝臓といえばフォアグラですが、フォアグラがまさに脂肪肝と言える状態です。

 

フォアグラにするために餌をいっぱい与えて脂肪肝にしている食材がフォアグラです。

 

人間の体も肝臓の周りには脂肪がつきやすいのが特徴ですが、脂肪がつきすぎると肝臓の機能が低下しやすくなります。

 

メタボな状態まで行くと生活習慣病のリスクなど高くなっていきますが、中性脂肪やコレステロール値が高い場合には、糖尿病や高脂血症などのリスクも上がってきます。

 

主に飲酒による飲みすぎや油っこいものを食べすぎたりする場合に脂肪肝になりやすくなります。

 

脂肪肝の場合にも特に皮脂量も増えやすい傾向があります。

肝臓の働きなどで集中力や疲労にも影響が出やすい? 関連記事

▲肝臓の働きなどで集中力や疲労にも影響が出やすい? 上へ戻る

肝臓の働きなどで集中力や疲労にも影響が出やすい? Page Top