薄毛治療で行われている基本的な事は?の情報ページ

MENU

薄毛治療で行われている基本的な事はなに?

薄毛治療

フィナステリドが含まれる内服薬は薄毛治療でもミノキシジルの外用薬に並んで柱になっています。

 

現在ではフィナステリド以外にもザガーロに含まれるデュダステリドも加わってきていますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

重複する事がないためフィナステリドとミノキシジルの併用は可能です。ミノキシジルのタブレットを活用している場合には3つ併用が可能なようです。

 

フィナステリドやデュダステリドは元々前立腺肥大の治療薬として使用されていたもので副作用に毛髪の成長が見られたことから改良され現在に至ります。

 

基本的

ミノキシジルの場合には降圧剤としての副作用として多毛が現れたことから改良されてきたと言われています。どちらも副作用が元というのが特徴です。

 

フィナステリドは5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロンを生成させない事がメインです。

 

一方のミノキシジルは、血行促進に加えて色々な成長因子が含まれることで髪の成長を促していく事になります。

 

そのため作用が違うから男性型脱毛症では両方行われる事が多いと思います。

 

男性型脱毛症では色々タイプもあり薄くなっていく過程というのは人それぞれ違いますが、完全に薄毛状態になるとほとんど男性だと同じような薄毛になります。

 

ですので、薄毛を新たに予防しながら発毛を促す両方が大事だと思います。

薄毛治療で行われている基本的な事は? 関連記事

 

肝臓は沈黙の臓器と言われていますが、500以上も色々や役割がありフルに活動しています。機能が低下することで上記の他にも出てくるサインがやはり多数あります。昨日より今日。今日より明日で、少しづつ肝臓にとって良いことを初めて見ませ...


 

▲薄毛治療で行われている基本的な事は? 上へ戻る

薄毛治療で行われている基本的な事は? Page Top