乾燥しやすい場合に良い入浴方法とかある?の情報ページ

MENU

乾燥しやすい場合に良い入浴の方法は?

入浴

乾燥肌の場合でもお顔だけ乾燥しやすいという場合を除いて全身結構乾燥しやすい場合には、フェイスケア以外にも全身の乾燥を考えた対策が必要です。

 

ボディケアでも特にお顔を含めた手の先や足の先というのは乾燥しやすいです。また足や手など乾燥しやすいのは外部にさらされている時間と関係しているのかもしれません。

 

乾燥しやすいポイントとしては入浴が関係してきます。入浴後には肌の水分がどんどんと蒸発してしまいやすいので、肌が乾燥しにくい入浴方法を知っておくと良いかもしれません。

 

入浴する時間が長ければ長いほど肌は乾燥しやすかったりします。ですので、シャワーを浴びて終了するというほうが肌の乾燥には良いようです。

 

入浴する際のお湯の温度は高温よりも38〜40度ぐらいのぬるま湯の方が、肌に刺激になりやすいですし、肌の乾燥も防ぎます。

 

熱いお湯が苦手な方が無理に熱いお湯につかるとかゆくなったりしますし、なるべくぬるま湯につかるようにしましょう。

 

冬場は気候も乾燥しやすいですし、寒い時期でもあるので、長時間つからないと寒くて出れない場合もありますよね。

 

そういった時は入浴剤などを活用すると良いでしょう。発汗しやすくなる塩などバスソルトを使用しても良いですし、保湿系の入浴剤を活用するのも良いでしょう。

 

 

 

乾燥しやすい場合に良い入浴方法とかある? 関連記事

 
 

▲乾燥しやすい場合に良い入浴方法とかある? 上へ戻る

乾燥しやすい場合に良い入浴方法とかある? Page Top