年齢を重ねると脂分が多い食品を食べれなくなる?の情報ページ

MENU

年齢を重ねると脂分が多い食品を食べれなくなる?

年齢

よく30歳を過ぎると肉類が食べれなくなり魚類を食べたくなるなど聞いたことがあるかもしれません。

 

年齢的によるものなど疲労などありますが、消化器官系と言えば主に肝臓の機能が不調になっている際に脂分が多い食品が食べたくなくなる傾向があるのです。

 

年齢的なものと思っていたのが実は肝臓が少し疲労していることが原因かもしれません。

 

脂分が多いものが食べたくなくなる背景に肝臓の不調が関係しているのは、肝臓自体が胆汁の分泌を行っていますが、胆汁の分泌がうまくいかない場合に脂肪の消化や吸収がうまく機能しない場合があります

 

以前よりも脂っこい食べ物を食べて胃がもたれたりしやすいのは胃の疲れ以上に肝臓が不調であることがあるかもしれません。女性ホルモンでもエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるホルモンがあります。

 

卵胞ホルモンであるエストロゲンの他にプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌量が多くなる生理周期があります。肝臓には黄体ホルモンでも分泌量が多くなってしまった場合には、黄体ホルモンを破壊してホルモンバランスを整える作用があるのです。

 

肝臓の機能が低下すると黄体ホルモンを壊す作用も弱くなり黄体ホルモンが多くなることで皮脂が多くなりやすい傾向があります。皮脂は、簡単に言うと皮膚や頭皮がベタベタしやすくなる事があげられます。

 

生理が安定しなかったり、PMS(月経前症候群)が強い場合には、肝臓が疲れていることがあるかもしれません。

年齢を重ねると脂分が多い食品を食べれなくなる? 関連記事

▲年齢を重ねると脂分が多い食品を食べれなくなる? 上へ戻る

年齢を重ねると脂分が多い食品を食べれなくなる? Page Top