アルコールによる毛細血管拡張作用の情報ページ

MENU

アルコールによる毛細血管拡張作用

毛細血管拡張作用

アルコールはテレビとかでよく見かけますが、毛細血管を拡張させます。

 

テレビだと煙草も一緒にやっていて毛細血管を収縮させます。

 

アルコールは毛細血管が拡張していきますが、全身の毛細血管を拡張させていきます。

 

つまり脳内の血管もアルコール濃度が高くなります。毛細血管が拡張されることで、毛細血管が多い顔の表面が赤くなる赤ら顔の状態になりやすいのも特徴です。

 

そして血管が拡張することで血液の巡りが良くなることから血圧も低下しやすくなります。そのため脳内の毛細血管にあるアルコールが行きやすいわけですが、血管の拡張が長くつづくと脳内を含む体で炎症が起きやすくなります。

 

肝臓ではアルコールを分解する際にエネルギーが必要なのでブドウ糖も使います。

 

脂肪を分解して排出されるケトン体は、脳の大事なエネルギーになります。

 

しかしケトン体が多く排出されると疲労感や肉体的なだるさが出てきます。これらも二日酔いの原因としてなりやすいです。

 

アセトアルデヒドが処理できずに体内で残っている場合も二日酔いの原因になりますが、原因が1つではないため、個人差など体質もありますし、出てくる症状も違います。

 

お酒を楽しむ方に人気となっているお酒が大好きな方の味方であるノ・ミカタは、味の素から販売されている粉末のスティックタイプからドリンクタイプなど出ています。うまくウコンサプリや牡蠣サプリと併用していくと効果的かもしれません。

 

二日酔いなどお酒を飲む際に活用しやすい製品ですが、アミノ酸でもアラニンが多く入っています。成分上ではアラニンとグルタミンが多いのが特徴です。アラニンは食品でも貝類のほたて貝やはまぐりに多いのが特徴です。そのため二日酔いとか気になる場合には、ノ・ミカタを活用するのも効果的です。普段の食品で食べるならほたて貝やはまぐりを活用してみてはどうでしょうか?

 

その日の酔い防止とか考える場合には、ウコンサプリや牡蠣サプリを活用すると良いかもです。美肌も考えると女性ではオルニチンサプリの方が使用しやすいでしょう。

アルコールによる毛細血管拡張作用 関連記事

 

乾燥肌だと中々クレンジングが合わない事も多く、自分に合った商品が見つかったと思って結構長く使っていると乾燥が進んでいったり、何かと乾燥肌だとクレンジングというの...


 
 

男性の若ハゲは意外と多いものです。過剰な男性ホルモンの分泌は、薄毛を促すのです。女性に薄毛が少ないのは、男性ホルモンが少なく、女性ホルモンが多いからです。若ハゲ...


 
 

肝臓は沈黙の臓器と言われていますが、500以上も色々や役割がありフルに活動しています。機能が低下することで上記の他にも出てくるサインがやはり多数あります。昨日より今日。今日より明日で、少しづつ肝臓にとって良いことを初めて見ませ...


 

▲アルコールによる毛細血管拡張作用 上へ戻る

アルコールによる毛細血管拡張作用 Page Top