牡蠣には遊離アミノ酸のタウリンが豊富の情報ページ

MENU

牡蠣には遊離アミノ酸のタウリンが豊富

牡蠣

牡蠣には遊離アミノ酸の1つであるタウリンが多く配合されています。

 

貝類ではタウリンを多く含む食材が多いのです。その中でも牡蠣はタウリンがよく取れます。

 

タウリンには、コレステロールを抑制したり、高血圧の改善など血圧に関係しているので、お酒が好きな場合の他にも健康面に対して効果的なのが特徴です。

 

肝臓の働きが低下しやすい内臓脂肪がたまるのも防いでくれるので、肝臓の状態を保つ上で非常に効果的でもあるのです。カルシウムやタウリンなど栄養素が豊富ですが、全体的な栄養で効能を見て見ると次のようなことがあげられます。

 

タウリンやグリコーゲン、カルシウム、鉄分など肝臓のサポートに効果的ですが、特に亜鉛はアルコールを分解するために必要な成分です。

 

欠乏すると肝臓に負担がかかります。二日酔いとか気にされている方に牡蠣サプリとかがあるのも肝臓の働きのサポート性が高いのが魅力です。飲酒によるアルコールで興奮などの作用がある場合の他に、普段の仕事のストレスなど交感神経が過敏や優位になりやすい状態から不安や興奮を抑え落ち着かせる作用があるのが特徴です。

 

疲れやすい場合やストレスなどを感じている際にも良い食材です。

牡蠣には遊離アミノ酸のタウリンが豊富 関連記事

 

肝臓は沈黙の臓器と言われていますが、500以上も色々や役割がありフルに活動しています。機能が低下することで上記の他にも出てくるサインがやはり多数あります。昨日より今日。今日より明日で、少しづつ肝臓にとって良いことを初めて見ませ...


 

▲牡蠣には遊離アミノ酸のタウリンが豊富 上へ戻る

牡蠣には遊離アミノ酸のタウリンが豊富 Page Top