牡蠣の優れた栄養素の魅力についての情報ページ

MENU

牡蠣の優れた栄養素の魅力について

牡蠣

牡蠣は種類も豊富ですが、一般的に食卓で食べる牡蠣でも栄養価が高いことで知られています。海のミルクと呼ばれている牡蠣は特徴として亜鉛が豊富なのが特徴的です。

 

それ以外は貝類が持っている特徴を満遍なく摂取できるのがポイントです。

 

タウリンが非常に多く取れ、タウリン以外にも満遍なく栄養が取れます。

 

貝類で多い、鉄分やカルシウムなど多く含まれ、マグネシウムや銅など普段の食事で欠乏しやすいミネラルが多く含まれています。

 

野菜類や果物ではビタミンB12はほぼ0で、魚介類に含まれているビタミンB12も食品の中で1番多いシジミの約半分ほどですが、全体的な食品から見た場合にはビタミンB12は非常に多い方です。牡蠣に多く含まれている鉄分は主に体の隅々に酸素を運ぶために必要な成分です。

 

鉄分が少ないと良く貧血になるといわれていますが、この体の隅々に酸素の運搬がなされなくなってしまっている状態です。

 

また牡蠣に多く含まれている鉄分は、ヘム鉄と呼ばれている肉類や魚介類に含まれている鉄分です。

 

ヘム鉄のほかに野菜や果物で摂取できる鉄分は非ヘム鉄です。牡蠣に多く含まれているヘム鉄の方が吸収率が良いことで知られています。

 

多くておよそ20%ほどで、10〜20%ほどの吸収率です。非ヘム鉄になると吸収率は1桁になってしまい、鉄分は摂取不足に繋がりやすい成分です。

 

ビタミンCと同時に摂取すると鉄分の吸収率が高まりますが、カキフライにレモンが添えられているのも両方活用することで鉄分の吸収率をおいしく高めることができます。

 

鉄分の吸収率を高めるためにはビタミンCの他にたんぱく質など摂取することでより吸収率がアップしていきますが、これらすべてがまかなえるのがレバーなどが代表的です。

牡蠣の優れた栄養素の魅力について 関連記事

 

乾燥肌だと中々クレンジングが合わない事も多く、自分に合った商品が見つかったと思って結構長く使っていると乾燥が進んでいったり、何かと乾燥肌だとクレンジングというの...


 
 

男性の若ハゲは意外と多いものです。過剰な男性ホルモンの分泌は、薄毛を促すのです。女性に薄毛が少ないのは、男性ホルモンが少なく、女性ホルモンが多いからです。若ハゲ...


 
 

肝臓は沈黙の臓器と言われていますが、500以上も色々や役割がありフルに活動しています。機能が低下することで上記の他にも出てくるサインがやはり多数あります。昨日より今日。今日より明日で、少しづつ肝臓にとって良いことを初めて見ませ...


 

▲牡蠣の優れた栄養素の魅力について 上へ戻る

牡蠣の優れた栄養素の魅力について Page Top