石鹸系シャンプーで使用されている素材についての情報ページ

MENU

石鹸系シャンプーで使用されている素材について

石鹸系シャンプーで使用されている素材について

石鹸系シャンプーというと、洗顔フォームなどを液体にしたようなイメージがあるかもしれませんが、シャンプーで使われる石鹸は普通の石鹸とは違います。

 

石鹸系シャンプーの石鹸は、石油のような合成物は使わず、不飽和脂肪酸を主原料としています。

 

製法は、油脂に苛性ソーダを反応させて石鹸とグリセリンに分けるけん化法か、油脂から脂肪酸をとり苛性ソーダで中和する中和法の2種類があります。

 

どちらの製法で作っても、アルカリ性が強い苛性ソーダを使用していますが、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを使用しているので、自然派志向の方に支持されています。

 

石鹸系シャンプーは合成物を使っていないので泡立ちは悪く、洗浄力もさほど強くありませんが、その分頭皮とても優しいという特徴を持っています。

 

普通の石鹸というのは、合成界面活性剤が使われているために、洗浄力が強くて皮脂を落としすぎて頭皮に強い刺激となってしまうので、乾燥や肌荒れなどが置きやすくなります。

 

また、市販のシャンプーには合成着色料や防腐剤などさまざまな添加物が使われています。

 

ですのでアレルギーが引き起こされて、炎症やかゆみ、ただれなどが起きることもあり、特に敏感肌やアトピー肌の人は注意が必要です。

石鹸系シャンプーで使用されている素材について 関連記事


▲石鹸系シャンプーで使用されている素材について 上へ戻る

石鹸系シャンプーで使用されている素材について Page Top