自己免疫疾患も含まれるの円形脱毛症の情報ページ

MENU

自己免疫疾患も含まれるの円形脱毛症

自己免疫疾患も含まれるの円形脱毛症

いずれの種類も、原因とされているのは自己免疫疾患や精神的ストレスなどが挙げられます。自己免疫疾患というのは免疫異常のことで、通常なら害のない毛根組織を免疫機能が異物と認識して攻撃してしまうことで、脱毛症が引き起こされます。

 

そして、円形脱毛症の原因としてもっともポピュラーな精神的ストレスは、自律神経を乱してしまうために、皮脂分泌が過剰になったり、ホルモンバランスを崩して男性ホルモンを優位にします。

 

皮脂がたくさん分泌されたり、抜け毛を起こす男性ホルモンが活発になることで脱毛症が引き起こされますが、何らかの要因でその症状が円形に起こることがあります。

 

こういった原因は確定されているわけではありませんが、近年の研究ではこの2つの原因がもっとも有力な説として挙げられているので、単発型以外の場合は原因にそって対策を行うようにしましょう。

 

自己免疫疾患は病気なので、医師に診察を受けて適切な治療を行うことが必要になります。

 

ストレスは仕事の内容、人間関係、生活環境などあらゆるところに潜んでいるので、ストレスを緩和する努力をすることが大切です。

自己免疫疾患も含まれるの円形脱毛症 関連記事

 
 
 

1つは、洗浄力が強すぎるため、頭皮を守るバリアの役割をする皮脂を取り除いでしまいます。必要な分の皮脂が落とされてしまうと、肌を守ろうとして皮脂がさらに分泌されてしまい、結果的に...


 

▲自己免疫疾患も含まれるの円形脱毛症 上へ戻る

自己免疫疾患も含まれるの円形脱毛症 Page Top