合成界面活性剤の3つの危険性の情報ページ

MENU

合成界面活性剤の3つの危険性

合成界面活性剤の3つの危険性

1つは、洗浄力が強すぎるため、頭皮を守るバリアの役割をする皮脂を取り除いでしまいます。

 

必要な分の皮脂が落とされてしまうと、肌を守ろうとして皮脂がさらに分泌されてしまい、結果的に常に頭皮がべたついて頭皮環境を悪化させてしまうのです。

 

2つ目は、タンパク質を変性させてしまうということです。

 

髪の毛はキューティクルによって保護されていますが、これはタンパク質ができています。

 

合成界面活性剤は、タンパク質変性を引き起こすため、キューティクルを剥がしたり、ダメージを与えたりしてパサつきやコシのない髪にしてしまいます。

 

3つ目は一番危険性が高い、経皮毒というものです。

 

普通なら、皮膚というのは物質が染み込むことはないのですが、合成界面活性剤は細胞を破壊してしまうために浸透してしまうのです。

 

すると合成界面活性剤とともに他の化学物質や有害物質も浸透して行きます。

 

これが経皮毒と言われるものなのですが、経皮毒は一度体内に取り込まれると内蔵器官の働きをもってしてもなかなか排出されません。

 

排出されなかった経皮毒は内蔵器官などに蓄積してしまい、体に深刻な影響をもたらすことがあると言われています。

 

シャンプーの合成界面活性剤は微々たるもので、すぐに何らかの影響が出ることはありません。

 

ですがシャンプーは毎日使うものなので、使用するのであればこれらの危険性をしっかり踏まえておきましょう。

合成界面活性剤の3つの危険性 関連記事

 

ハゲの症状は、女性にもありますが、圧倒的に男性に多いです。男性に多い症状ということは、女性と違う要素が関係しているということではないでしょうか。単純にい...


 
 

ハゲが進行し悩んでいる友人がいました。彼は結婚をしていなかったし彼女もいませんでしたので、薄毛について相談する人もいなかったのでしょう。彼は長い間一人で悩んで...


 
 

ドラッグストアなどで市販されている、低価格でポピュラーなシャンプーはほとんどが合成界面活性剤を使用しています。界面活性剤というのは、水と油をまざ合わせるために配合されるもの...


 
 

1つは、洗浄力が強すぎるため、頭皮を守るバリアの役割をする皮脂を取り除いでしまいます。必要な分の皮脂が落とされてしまうと、肌を守ろうとして皮脂がさらに分泌されてしまい、結果的に...


 
 

円形脱毛症は、脱毛症の種類の中でもポピュラーなので、ほとんどの方は一度は耳にしたことがあるでしょう。症状はとても特徴的で、名前から分かる通り直径数センチ程度の...


 
 

いずれの種類も、原因とされているのは自己免疫疾患や精神的ストレスなどが挙げられます。自己免疫疾患というのは免疫異常のことで、通常なら害のない毛根組織を免疫機能が異物と認識して...


 

▲合成界面活性剤の3つの危険性 上へ戻る

合成界面活性剤の3つの危険性 Page Top